問題解決の近道

インバスケット思考とは、未処理のタスクを限られた時間の中で効率的に処理するための思考方法で、タスク(仕事)を緊急度と重要度の二軸で分類しその優先順位を決定する方法です。 このインバスケット思考において絶対の正解は存在しないのですが、タスクに優先順位をつけ、個人や組織の仕事を効率化する方法を探し出すことになります。 近年、この思考方法は、たくさんのタスクを処理しなければならない管理職以上の…

続きを読む

たった5秒 思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく

「考えて仕事をする」とは、どういうことなのか? もっと考えて仕事をしなさい! そんなこと、少し考えればわかるだろう! 叱られている本人だって、それなりに考えて仕事をしているけど、うまくいかない・・・。 その本当の原因は、「考えていない」ことではなく、「考え方が間違っている」ことにあります。 仕事の様々なシーンで、何を考えれば的確な行動ができるのか?できる…

続きを読む

身につく力

インバスケット思考によって鍛えられるのは「優先順位をつける力」。 というのも、インバスケット思考においては、同時進行することができない複数のタスクや案件が課題として設定され、それらを短時間で処理することを求められることから、どのような順番で処理するのが1番良いのかを考える必要が出てきます。 本来は同時進行で処理できればいいのですが、中には時間的な制約により後回しにしなければならない事案も…

続きを読む